新着情報

  • HOME > 
  • 新着情報 > 
  • あなたは何をしているのですか? 堤防と目的の話

新着情報

ブログ更新情報

あなたは何をしているのですか? 堤防と目的の話

大規模な工事現場で、
たくさんの人が工事に取り組んでいる。

そのなかのひとりに問いかける。
「あなたは何をしているのですか?」

「土を運んでいます」

 

また別の人に問いかけ、答えが返ってくる。

「堤防をつくるために、
 土を運んでいます」

そしてまた、別の人に同じ問いかけをする。
「あなたは何をしているのですか?」

「堤防をつくるために、
 土を運んでいます。
 このへんは、洪水が多くて、毎年たくさんの作物が洪水でダメになってしまうんです。
 この堤防さえ完成すれば、

私達の暮らしは、今よりずっと豊かなものになります。
 私の家族にも、今よりもっといいものをたべさせてあげることができるんです。」


同じ工事現場で、
同じ作業をしている人に、
同じ質問をしても、
異なる答えが返ってくる。

なぜか?

自分の仕事に対する理解の仕方が異なるからだ。

自分の仕事が、どのようにして社会とつながっているか?

その理解の仕方次第で、同じ質問にも異なる答えが返ってくる。



会計士の仕事も然り。

「あなたは何をしているのですか?」

A「監査をしています。」

B「企業の財務諸表に監査報告書を付けるために(お墨付きを与えるために)
  監査をしています。」

C「企業の財務諸表に監査報告書を付けるために
  監査をしています。
  たくさんのひとが必要としているサービスや製品を作り出す優良な企業にたくさんの資金を集めて、
  素晴らしいサービスや製品を世に送り出すには、
  その企業の財務諸表を適正に作成し、企業の実情を広く正しく理解してもらわなければなりません。
  そうすることで、素晴らしい企業にたくさんのお金が集まり、
  世の中が、もっと豊かなものになるんです。」
  

ひとりひとりが
自分のしている仕事の目的(あるいは意味)を深く理解しているか?



とある公認会計士がこう言っていた。

「株みたいなバクチをする気にはならない。
 濡れ手に粟で稼ぐなんて不謹慎だ。」


この人が冒頭の工事現場のひとだったら、
きっとこう答えるだろう。

「あなたは何をしているのですか?」

「土を運んでるんだよ。
 なんだって来る日も来る日も土ばっかり運ばなきゃいけないんだ、まったく。
 なんでも堤防を作るらしいよ。
 だれが言い出したのか知らないけど、
 そんなもん、なんの役に立つっていうんだい?
 やってらんないよ」




「あなたは何をしているのですか?」

2012.09.13

カテゴリ:ブログ更新情報

会員お申込み

公認会計士による株式講座や、著名人セミナーを受講したい方は、会員へご登録ください。

会員お申込みへ

無料会員お申込み

無料会員で、どんな講座か体験できます。
無料なので、まずはお試しください。

講演のご依頼

会員サービスについて

  • セミナー
  • バリュートレンド
  • PFマネージャー

お問い合わせ

アクションラーニングのテキスト

ページトップへ