新着情報

新着情報

ブログ更新情報

千と千尋の神隠し、拝金主義

今日は、なぜか、千と千尋の神隠しを思い出した。

言わずと知れたスタジオジブリの作品だ。



思い出したのは、顔無しが暴れるシーン。

顔無しは、暴走する資本主義(拝金主義)の象徴(だと思う)。

大人たちは、顔無しが次々に生み出す金に、
一心不乱、夢中でかき集める。


そんななか、千尋だけは、我を失わない。
お父さんとお母さんを取り戻したいのだ。
千尋が求めているのは、お金ではなく、
家族の愛情。


今の日本に対する痛烈な風刺。


資本主義の象徴とも言える株式投資をするからこそ、
拝金主義に陥ることのないよう、
注意深くなければならない。



金儲けのことばかり、
問題があれば金で解決する。

そんな大人の姿を子どもたちは澄んだ目で見ている。


株式投資にしても企業経営にしても
瞑想しているような静かな精神状態が求められるものと思う。

欲にまみれた拝金主義では、
賢明な判断などできるはずがない。

2010.05.17

カテゴリ:ブログ更新情報

会員お申込み

公認会計士による株式講座や、著名人セミナーを受講したい方は、会員へご登録ください。

会員お申込みへ

無料会員お申込み

無料会員で、どんな講座か体験できます。
無料なので、まずはお試しください。

講演のご依頼

会員サービスについて

  • セミナー
  • バリュートレンド
  • PFマネージャー

お問い合わせ

アクションラーニングのテキスト

ページトップへ