新着情報

新着情報

ブログ更新情報

アーリーリタイア、仕事の意味

 10年ほど前くらいからでしょうか、
「アーリーリタイア」
という言葉をよく聞くようになりました。

一般的なリタイアは60歳~65歳ですから、
アーリーリタイアというと、それより早いリタイア、
50代、もしくは40代でのリタイアということです。

要するに、若いうちにさっさと金を貯めて、
嫌な仕事はやめてしまって、
悠々自適に過ごそうぜっ!

というコンセプトです。


このアーリーリタイアというコンセプト、
なにかしっくりこないなーと思い続けていましたが、
ドラッカーを読んだりするなかで
その違和感をだいぶ説明できるようになりました。


仕事というのは、自己実現の場。
自分の力を発揮して、社会の役に立つ。
また仕事を通して、能力的・人格的に成長する。

アーリーリタイアというコンセプトの裏には、
仕事=イヤなもの
という前提があると思います。

けれど、ドラッカーや、尊敬される経営者の人たちの仕事観は
全く違います。

仕事とは自己実現の場。


アーリーリタイアするということは、
自分の力を発揮して、社会の役に立つことを放棄することのように感じられるし、
仕事を通した能力的・人格的成長を放棄することのように感じられます。

だから、アーリーリタイアというコンセプトが好きになれないのです。


仕事って、そんなにイヤですかね?

2011.06.04

カテゴリ:ブログ更新情報

会員お申込み

公認会計士による株式講座や、著名人セミナーを受講したい方は、会員へご登録ください。

会員お申込みへ

無料会員お申込み

無料会員で、どんな講座か体験できます。
無料なので、まずはお試しください。

講演のご依頼

会員サービスについて

  • セミナー
  • バリュートレンド
  • PFマネージャー

お問い合わせ

アクションラーニングのテキスト

ページトップへ