新着情報

  • HOME > 
  • 新着情報 > 
  • ハロー!会計 ~公認会計士という仕事を知ってもらうために~

新着情報

ブログ更新情報

ハロー!会計 ~公認会計士という仕事を知ってもらうために~

今日は、京都市内の小6生を対象に、
公認会計士の仕事とは、どんなものか?を話してきました。(45分)


小6生を対象に話をしたのは初めてですが、
小学生1クラスを相手に話すことがいかに難しいか、知りました。


私が大人を対象にセミナーで話すときは、
ある程度、均質な人たちが対象だし、
何よりテーマに興味・関心があるから、
熱心に聞いてくれます。


が、小学生は、それほど均質なわけではないし、
そもそも「突然、公認会計士のおっちゃんが来て、自分の仕事について話し始めた」状態ですから、
テーマに興味・関心は、ほとんどありません。


そんなアウェー感たっぷりの教室で、
45分×2クラスに公認会計士の仕事を話してきました。



上手く伝わったかどうか、わかりませんが、
45分の授業で私が小6生に伝えたかったことは・・・

「君たちは、将来、何を自分の仕事とするかで必ず悩みます。

 なぜなら、君たちはひとりひとり個性があり、
 それぞれに向いた仕事というのがあるからです。

 そして自分にどんな仕事が向いているのか、
 なかなかわかりません。


 何を仕事にするかについて、特に悩むのは、
 ご両親が例えば君たちに「医者になってほしい」というように、
 想いを押しつけてくる場合です。


 大学生くらいになり、医者になる時期が近づいてきたときに、
 改めて、真剣に悩むでしょう。


 将来、君たちが、何を仕事にするか悩んだとき、
 「ああ、小6のとき、会計士のおっちゃんの話聞いたなあ、
  世の中には、いろんな仕事があるんやなあ」と、
 視野を広く持ってください。」

ということでした。

上手く伝わったかどうか。


それにしても小学校の先生を何十年も続けてきた、
私の両親の苦労を、今日、初めて、分かった気がします。

小学生40人1クラスをまとめるのは、
並大抵のことではないです。

2011.02.04

カテゴリ:ブログ更新情報

会員お申込み

公認会計士による株式講座や、著名人セミナーを受講したい方は、会員へご登録ください。

会員お申込みへ

無料会員お申込み

無料会員で、どんな講座か体験できます。
無料なので、まずはお試しください。

講演のご依頼

会員サービスについて

  • セミナー
  • バリュートレンド
  • PFマネージャー

お問い合わせ

アクションラーニングのテキスト

ページトップへ