新着情報

  • HOME > 
  • 新着情報 > 
  • 問題(4択)です!【投資主体別売買動向】

新着情報

ブログ更新情報

問題(4択)です!【投資主体別売買動向】

2007年~2011年の5年間の合計で、
もっとも株を買っている投資主体は?

逆にもっとも株を売っている投資主体は?

1.個人
2.海外投資家
3.生損保
4.信託銀行



わかりますか?


まず、もっとも株を買っている投資主体は・・・

2.海外投資家(8兆6180億円の買い越し)です。

意外じゃないですか?

「日本売り」なんて言葉、聞くことがありますよね。

「外国人が、日本株を売っている」というように受け止めがちですが、
実際には、外国人は日本株を買っています。



次に、もっとも株を売っている投資主体は・・・

1.個人(5兆3202億円の売り越し)です。

日本の個人投資家が、一番日本株を売ってるんですね。。。


複雑な気分です。

2011.12.31

カテゴリ:ブログ更新情報

会員お申込み

公認会計士による株式講座や、著名人セミナーを受講したい方は、会員へご登録ください。

会員お申込みへ

無料会員お申込み

無料会員で、どんな講座か体験できます。
無料なので、まずはお試しください。

講演のご依頼

会員サービスについて

  • セミナー
  • バリュートレンド
  • PFマネージャー

お問い合わせ

アクションラーニングのテキスト

ページトップへ