新着情報

  • HOME > 
  • 新着情報 > 
  • 戦後のハイパーインフレ体験者の迫力

新着情報

ブログ更新情報

戦後のハイパーインフレ体験者の迫力

今日の午後は、朝日カルチャーセンター梅田教室で、株式投資の講義をしていました。

話の流れで日本の財政問題を原因として、日本がインフレ&円安になるという話題になりました。


講義でこういう話をすると、たいてい、
「本当にハイパーインフレなんて起こることあるんですかね?」
という声が上がるのですが、
今日は違いました。


「私はね、戦後のハイパーインフレを体験してるんです。

 預金封鎖されてね、その間に、どんどんインフレが進んで、
 それまで貯めてきた預金は、タダ同然になったんです。

 そのなかで、金持ちだった人が財産を無くした様子を、
 たくさん見てきました。

 だから、私は、将来、日本でもハイパーインフレが起こるかも知れないと思うし、
 とにかくそのときが怖いです。

 だから、ハイパーインフレになっても潰れない企業を探したいんです。」


言葉の重みが全然違いました。

戦後のハイパーインフレで、資産を失った人たちを、
自分の眼で見て、空気を感じた経験があるわけです。 
(その方は、大恐慌で日本に失業者があふれかえった時代も体験している)


今日は、講師は私でしたけれど、
私の方が勉強させていただきました。

ありがとうございました。

2011.11.29

カテゴリ:ブログ更新情報

会員お申込み

公認会計士による株式講座や、著名人セミナーを受講したい方は、会員へご登録ください。

会員お申込みへ

無料会員お申込み

無料会員で、どんな講座か体験できます。
無料なので、まずはお試しください。

講演のご依頼

会員サービスについて

  • セミナー
  • バリュートレンド
  • PFマネージャー

お問い合わせ

アクションラーニングのテキスト

ページトップへ