新着情報

新着情報

ブログ更新情報

子どもに誇れる仕事

ふと、自分はどんな仕事をやりたいか? ということを考えた。

株式投資の学校アクション・ラーニングやコンサルティングは
自分にとって「お金をもらわなくてもやりたい」仕事だ。


ただ、今日は、こういう仕事の領域の話ではなく、
仕事の質の話だ。

逆に、自分はどんな仕事をやりたくないか? ということから考えてみる。

・地位や役職、資格などに安住して、「自分さえよければそれでいい」というスタイルの仕事
・他の人からの圧力で、自分が正しいと思えないこともせざるを得ない仕事

こういう仕事はしたくない。

こういう仕事を続けていると、楽しくないし、
きっと人相も悪くなってしまうし、
何より子どもに誇ることができない。


どうせやるなら、
・自分がワクワクする仕事
・顧客に喜んでもらえる仕事
・自分が良いと思えることをできる仕事
をしたい。

顧客に喜んでもらえるうえに、自分もワクワクできる。
こんな仕事ができれば、きっと子どもにも誇れる。

そんな仕事をしたいと思う。

自分が今やっている仕事を振り返ると・・・
部分的にはできているし、
少なくとも、そういう仕事をしようと指向している。


私は幸せだ。

ここまで書いて、ふと思った。

私の親も、そういう想いをもって仕事をしていたのかどうか?

こんな話、両親としたことはないけれど、
両親はきっとそういう想いをもって仕事をしてきたのだと思う。

両親の表情や雰囲気を見ていれば
なんとなく分かる。


後ろめたい仕事をしている人は、
自然とそれが人間性に反映されるものだ。


自分の仕事に誇りを持っている人も然り。
それが人間性に反映される。

子どもは親の嘘を見逃さない。
見逃せない。

だからこそ、子どもに誇れるかどうか、というのは
とても大切な指標だ。

生涯精進。

マイペースで、楽しみながら、
良い仕事を続けていこう。

2007.11.10

カテゴリ:ブログ更新情報

会員お申込み

公認会計士による株式講座や、著名人セミナーを受講したい方は、会員へご登録ください。

会員お申込みへ

無料会員お申込み

無料会員で、どんな講座か体験できます。
無料なので、まずはお試しください。

講演のご依頼

会員サービスについて

  • セミナー
  • バリュートレンド
  • PFマネージャー

お問い合わせ

アクションラーニングのテキスト

ページトップへ